歌詞 プラネタリウムの真実 夏代孝明

作詞
夏代孝明
作曲
夏代孝明
世界のすべてを手に入れても 君はすぐに飽きてしまうだろう だから僕は僕のこと隠してるんだよ ポケットに忍ばせた合鍵 失くさないように何度でも確かめた 2人分の星のチケット握って 古びた街並み 消えかかった止マレの文字 ねえ僕はここで暮らしてみたい 君となら プラネタリウムが描く未来 仮初の天体と感情 今夜2時の星座とともに歌おう そこに理由なんていらない 君がいて僕がいること そんな日々を描いていたいんだ 1分1秒 助手席から眺めた景色は 君の見てるミラーとは違っても 指先に伝わる体温を信じて 日の当たる街を 日陰で眺めてた僕に 手を差し伸べてくれたのは誰でもない 君だから プラネタリウムが描く未来 仮初の天体と感情 今夜2時の星座とともに歌おう そこに理由なんていらない 君がいて僕がいること そんな日々を描いていたいんだ 1分1秒 そのプレリュードが流れたら 何度もロウソクを消そうね 僕は君の夜道を照らす星でありたい 悲しみは押し込めたまま 紡いでくれた愛の言葉に 全てで応えたいんだ プラネタリウムが描く未来 仮初の天体と感情 今夜2時の星座とともに歌おう まがい物なんて言わせない 君がいて僕がいること そんな日々を描いていたいんだ 1分1秒 あの日僕が観た プラネタリウムの真実
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る