歌詞 わたがし back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
水色にはなびらの浴衣がこの世で一番似合うのはたぶん君だと思う よく誘えた泣きそうだ 夏祭りの最後の日わたがしを口で溶かす君は わたがしになりたい僕に言う楽しいねって 僕はうなずくだけで気の利いた言葉も出てきやしない 君の隣歩く事に慣れてない自分が恥ずかしくて 想いがあふれたらどうやってどんなきっかけタイミングで手を繋いだらいいんだろう どう見ても柔らかい君の手をどんな強さでつかんでどんな顔で見つめればいいの 君がさっき口ずさんだ歌にもたまに目が合う事も深い意味なんてないのだろう 悲しいけど 君が笑ってくれるただそれだけの事で僕はついに心の場所を見つけたようるさくて痛くてもどかしくて 想いがあふれたらどうやってどんなきっかけタイミングで手を繋いだらいいんだろう どう見ても柔らかい君の手をどんな強さでつかんでどんな顔で見つめればいいの もうすぐ花火が上がるね 君の横顔を今焼き付けるようにじっと見つめる この胸の痛みはどうやって君にうつしたらいいんだろう 横にいるだけじゃ駄目なんだ もう君の気を引ける話題なんてとっくに底をついて 残されてる言葉はもうわかってるけど 想いがあふれたらどうやってどんなきっかけタイミングで手を繋いだらいいんだろう どう見ても柔らかい君の手をどんな強さでつかんでどんな顔で見つめればいいの 夏祭りの最後の日わたがしを口で溶かす君に わたがしになりたい僕は言う楽しいねって
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る