歌詞 ヒロイン back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
君の毎日に僕は似合わないかな 白い空から雪が落ちた 別にいいさと吐き出したため息が少し残って寂しそうに消えた 君の街にも降っているかな ああ今隣で 雪が綺麗と笑うのは君がいい でも寒いねって嬉しそうなのも 転びそうになって掴んだ手のその先でありがとうって楽しそうなのもそれも君がいい 気付けば辺りはほとんどが白く染まって散らかってた事忘れてしまいそう 意外と積もったねとメールを送ろうとして打ちかけのままポケットに入れた 好まれるような強く優しい僕に変われないかな 雪が綺麗と笑うのは君がいい 出しかけた答え胸が痛くて渡し方もどこに捨てればいいかも分からずに 君から見えてる景色にただ怯えているんだ 思えばどんな映画を観たってどんな小説や音楽だってそのヒロインに重ねてしまうのは君だよ 行ってみたい遠い場所で見たい夜空も隣に描くのはいつでも 見慣れたはずの街がこんなにも馬鹿だなぁ僕は 君の街に白い雪が降った時君は誰に会いたくなるんだろう 雪が綺麗だねって誰に言いたくなるんだろう 僕はやっぱり僕は 雪が綺麗と笑うのは君がいい でも寒いねって嬉しそうなのも転びそうになって掴んだ手のその先でありがとうって楽しそうなのも全部君がいい
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る