歌詞 高嶺の花子さん back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏
君から見た僕はきっとただの友達の友達 たかが知人Bにむけられた笑顔があれならもう恐ろしい人だ 君を惚れさせる黒魔術は知らないし海に誘う勇気も車もない でも見たいとなりで目覚めておはようと笑う君を 会いたいんだ今すぐその角から飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ僕のもとへ 生まれた星のもとが違くたって偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものに なるわけないか 君の恋人になる人はモデルみたいな人なんだろう そいつはきっと君よりも年上で焼けた肌がよく似合う洋楽好きな人だ キスをするときも君は背伸びしている 頭をなでられ君が笑います駄目だ何ひとつ勝ってない いや待てよそいつ誰だ 会いたいんだ今すぐその角から飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ僕のもとへ 君が他の誰を気になっていたって偶然とアブラカタブラな力で僕のものに この胸の焦りに身を任せ君のとこへ走ったとして実は僕の方が悪い意味で夏の魔法的なもので舞い上がってましたって怖すぎるオチばかり浮かんできて 真夏の空の下で震えながら君の事を考えます 好きなアイスの味はきっと 会いたいんだ今すぐその角から飛び出してきてくれないか 夏の魔物に連れ去られ僕のもとへ 生まれた星のもとが違くたって偶然と夏の魔法とやらの力で僕のものになるわけないか
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る