歌詞 夏の思い出 ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
夏の思い出手をつないで歩いた海岸線 車へ乗り込んで向かったあの夏の日 なんて思い出して感じるこの季節が 来るたび思い出してる思い出せる 夏の連休早めから計画立て正確な集合時間 時間にルーズな自称「遊び人」遊びながらダラダラせず朝から 点呼は完了天気は良好向かう先夏ならではの旅行 山川よりやっぱ海男女混合で最高にGroov'inな音楽かけ ガンガン車に照らす陽はサンサンやる気はマンマン なぜなら車でビーチボール膨らまし頭クラクラ 窓を開け切るクーラー辛すぎるほどの暑さ感じながら ダラダラ汗流し笑いながら過ごした夏の日 夏の思い出手をつないで歩いた海岸線 車へ乗り込んで向かったあの夏の日 なんて思い出して感じるこの季節が 来るたび思い出してる思い出せる 潮風に抱かれ素晴らしい眺め見に行く連れと気の合う仲間で 隙あらばさ無理な体に鞭打ち向かう海山川 車からも海パン戦闘姿勢万端薄着ギャル横目うずきだす横で 取り出すビールすぐ飲み出すしよろけ出す横で踊り出すし タイムです脱ぎなさいあなたタイプです なんてオノロケなオトボケをそこのギャルにお届け テキ屋に祭り打ち上がる花火淡い物語は楽しいばかり さざ波砂文字さらってゆく夏の終わりをわかっている 残るのではなく残すのである夏の思い出はここにもある 夏の思い出手をつないで歩いた海岸線 車へ乗り込んで向かったあの夏の日 なんて思い出して感じるこの季節が 来るたび思い出してる思い出せる いくつ夏を走り抜けても変わらない青い波の群れ 波風 抱かれ響く古い恋の歌も今では真夏の夢 思い出す二人通った渚夕日で黄金色に輝いた 夜風舞う浜辺を歩く時は月明かりの元でキスをした 君が夏が好きでいつかノリで確か海へ行ってからそのまま 灼けた肌から見せた笑顔に君と海の虜に あれから月日流れて寄り添い笑った写真を眺めて 浜辺で一人二人の夢ほどいて振り返るあの夏の思い出 夏の思い出手をつないで歩いた海岸線 車へ乗り込んで向かったあの夏の日 なんて思い出して感じるこの季節が 来るたび思い出してる思い出せる 1人だけで過ごす夏の日に( 夏の日あの時思い出す場面 ) 振り返るとき 来るだけでまた思い出してく夏の日物語 また増えてゆくだけ 夏の思い出手をつないで歩いた海岸線 車へ乗り込んで向かったあの夏の日 なんて思い出して感じるこの季節が 来るたび思い出してる思い出せる 終わりはかない夏は待たない だが夏へのこの思いはやまない 辛すぎる暑さ思い出すはずさ 遥かいやまた待ったら夏だ 夏から秋ってだったら何? 夏物語りを待つものばかり 思い出せる?思いかげる間もなく 俺らまた夏に会える
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る