歌詞 バラード ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ/YANAGIMAN
涙も乾かぬ二人なら いっそ君を強く抱いて 夜風に二人溶け合うまで 黙ったまま愛を伝えたい 別れたその夜また夢に戻ろう 心ゆくまでも二人で踊ろう 一人きりは寂しすぎて どうしようもなく君が好きで 部屋に残る君の香りが 寂しさを増す君去った後には だから「次は君の家で」 なんて言葉胸の中秘めて 逢えない夜を数えて 切なさのグラスに愛を注いで こんなにも愛しく想えたのは君だけ 僕が「逢いたい」と言ったら もしも僕がそう言っていいなら でも壊れてしまうの恐くて 臆病な僕はそらす目 離れれば離れる程に 気持ちは溢れ流れるように 逢えない夜をいくつ越えて この気持ちはいつ君に届ける ガラス越しに眠れない街並み こんな夜は君に逢いたい また静けさに寄り添う程に 追いかける甘いキスの余韻 記憶を超え響くあの声 小さく遠く夜空に溶け ため息まじりのバラードじゃ踊れない 君への想い今届けたい 一人きりより二人寄り添い 一人きりの日には電話するよ 寂しいくせに何食わぬ顔で 僕を見送る君が愛しくて 逢えない夜を数えて 切なさのグラスに愛を注いで こんなにも愛しく想えたのは君だけ 君と出逢ってから僕は 本当の切なさを覚えたよ 逢いたくて震える 肩を今押さえながら 君の影を抱きしめたなら… 一人酔いしれる 鳴らないケイタイのそば 逢えない夜を数えて 切なさのグラスに愛を注いで こんなにも愛しく想えたのは君だけ 今も心の中で 電話を切ると静寂の雨 「またね」と何度も響く夜の果て 寂しさ隠して何も言わず 無邪気な声には心が痛む 逢いたくても逢えなくて この想いは晴れなくて あぁ 夜空の向こうの神様 時を戻して本物の愛なら
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る