歌詞 ケツメイシ

作詞
ケツメイシ
作曲
ケツメイシ
思うまま泣いて笑う君は俺の心奥底まで響いた 周り見ずに1人傷つきそこで己脆さに気付き 人目はばからずに涙流して嫌なことから無理矢理羽ばたいて 答え出す自分の中で涙、乾いたら違う眺め 時に夢やぶれ涙溢れまだある先進むべき明日へ 弱さを見せる怖さも癒えるありのままで俺で居れる 抑えこんだ感情なら今出そうありのまま生きるならば今だぞ 涙の数だけ大きくなる訳そこに本当の自分があるだけ 溢れた感情は単純にこぼれる涙止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君をそっと包んで忘れるため いくつも熱く胸をめぐる感情は瞳に溢れてくる いつでも泣きたい時泣けばいいありのまま思うまま涙に ただこらえて気持ち抑えて一人で強がることはやめて 人陰に逃げずに俺と二人でこぼれた滴強さに変えて 涙は乾き目の前の鏡に写るその瞳の輝きは 忘れないもう隠さない泣いても最後にまた笑いたい これから生きていけば涙するものそれこそが君が今生きること 今は何も言わなくていい涙を流すそれだけでいい 溢れた感情は単純にこぼれる涙止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君をそっと包んで忘れるため 君と出会って夢追っかけて 少しずつ形になってまた悩んで 何でだろう?悩んでんだろって やけになり独り身でのnight and dayの中で 人に傷つき時にムカつき自分の弱さに気付き ズキズキする胸の鼓動を抑える感情論を 唱え出すことでこらえたところで答えは壊れた心で 泣いて泣き疲れるまで湧いて湧き溢れ出てくるだけ 目に一杯にため込んだ涙と引き替えに この機会にまた一つずつ強くなりつつ 古い靴脱ぎ捨て歩いてゆく 胸に溢れたその想いを 泣いて(泣いて)笑って(笑って)表せるなら 孤独に泣いた夜も聞かせてよ(泣いて)笑って(泣いて) 何度でも 溢れた感情は単純にこぼれる涙止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君をそっと包んで忘れるため
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る