歌詞 修羅場 東京事変

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
―短夜半夏(はんげ)、嘘を眩(くら)むとぞ― 疑うなんて浅(あさ)ましいです 陽(ひ)のもと認めた あの腕の白さまで 忘れたら・・・ 凍(こご)えずに温まるのか 一層この侭(まま)通わないてとて構わない ―笠の雪の、自然が災(わざわ)ひや― 黒ばむ前科(まえ)に労働(はたら)きます 揺れては末(おわり)とあの夏の期待を責め 仰いだら・・・ 灰色に誘(いざな)う婆羅双樹 一層 この侭繁(しげ)らないとて厭(いと)わない 何方(だれ)かに会えば記憶を奪取(ぬす)まれよう 喉を使えば貴方が零れ出(い)で溢れよう ・・・是(これ)以上識(し)りたくなどない 一層この侭 眠って居られたら好(い)いのに 噫(ああ)! 貴方の首筋が きっと現在(いま)はもう真っ白く透き徹(とお)って居る
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る