歌詞 シンクロ 秦 基博

作詞
秦 基博
作曲
秦 基博
立ち止まる君の影 大きな雲の影に飲みこまれた かくれた陽がまた覗くまで 君は歩き出せないでいる 差し出した僕の手を ためらいがちに見つめている 君の指が触れるまで 僕もただ立ち尽くしていた 僕ら手をつないだ もう見失わないように 置き去りの街の中で ひとつ確かなもの この手のぬくもりだけで 僕ら 歩き出せるんだよ 踏み出した足元に 夕立がその始まりを落とした 今 雫はねのけるように 景色まで熱を帯び始めたんだ 僕ら手をつないで 雨の中を駆け出すよ 加速する街の中で まだ見えないものも 互いが目に映るなら 僕ら 映し出せるはず 君のその胸の鼓動と 僕の胸のざわめきが 響いて 響き合って 同じように震えあって まるで同じもののように シンクロするよ 僕ら手をつないで 雨の中を駆け出すよ 降り注ぐ冷たさも もう怖くはないんだよ 僕ら 重なり合うから 二人で さぁ行こうよ
シンクロ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた