歌詞 いばらのみち 椿屋四重奏

作詞
中田裕二/松井五郎
作曲
中田裕二
愛なんか知らないよ 夢だって捨てたんだ それよりも欲しいものを この手で掴み取るだけさ 笑いたい奴には 笑わせておけばいい いつかきっと跪いて 間に合わせの愛を乞うのさ 抱いて欲しいのに 壊れてしまうなら 罪も 痛みも 受け止めるよ 誰のためでもなく いばらのみちだって 味方はつけないよ 涙から生まれ変わった かわいそうなわたしさよなら 火の玉飛び交って 夢中で切り抜け 焼け野原とても綺麗で しばらくひとり眺めていた 何故か胸が痛くなる どうしよう どうしよう こころ苦しい なんだか なんだか 孤独が無性に せまって せまって うなされるけど 灰に咲く花のように 何度も目覚めて だまし だまされ この世があるなら 決して消せない傷痕さえ 誰のものでもない いばらのみちだって 助けは呼ばないよ 涙から生まれ変わった かわいそうなわたし さよなら どこまでも生まれ変わって かわいそうなわたし さよなら
いばらのみち の人気パート
歌ってみた 弾いてみた