歌詞 恋わずらい 椿屋四重奏

作詞
中田裕二
作曲
中田裕二
夕暮れの服をまとって三日月の下にしゃがんだ 替えの無い代物だ 恋は力尽きたはずの心が 燃え盛る火に分け入って荒れ狂う波に寝そべった 丸めて捨てられない恋がすり切れたままに転がった 唇を拭いながら過ちの後始末を うまく片付けられぬままで無駄にもつれ合う影絵 このままじゃ逃げきれずに全て奪われてしまう 頭に響く思い出も要らないくらいに思えた うつむいては噛み殺した愛しさに埋め尽くされて 操られた心の望み通り 夕暮れの服をまとって三日月の下にしゃがんだ 替えの無い代物だ 恋は力尽きたはずの心が 燃え盛る火に分け入って荒れ狂う波に寝そべった 丸めて捨てられない恋がすり切れたままに転がった 吹き出しの中にしようか 外にしようか 口に出すか やめるか お願いさ 少し笑ってせめてもの救いを残して その言葉に逆らわずに愛しさに埋め尽くされて 操られた心の思い通り 紅の夕焼けが滲んで あるがままの君を哂した まだ手なずけられない恋が踊りながら秘密暴いた 生温い感触にすがってその奥に滑らせていった なす術なくゆだねる恋が全ての留め金を外した 容易く消し去れない恋がまた俺の中でちらついた
歌ってみた 弾いてみた