歌詞 ラフ・メイカー BUMP OF CHICKEN

作詞
Motoo Fujiwara
作曲
Motoo Fujiwara
涙で濡れた部屋にノックの音が転がった 誰にも会えない顔なのにもうなんだよどちら様? 「名乗る程たいした名じゃないが誰かがこう呼ぶ“ラフ・メイカー” アンタに笑顔を持って来た寒いから入れてくれ」 ラフ・メイカー?冗談じゃない!そんなモン呼んだ覚えはない 構わず消えてくれそこに居られたら泣けないだろう ルララルラルララルラ 大洪水の部屋にノックの音が飛び込んだ あの野郎まだ居やがったのか消えてくれって言ったろう 「そんな言葉を言われたのは生まれてこの方初めてだ 非常に哀しくなってきたどうしよう泣きそうだ」 ラフ・メイカー?冗談じゃない!アンタが泣いてちゃ仕様がない 泣きたいのは俺の方さこんなモン呼んだ覚えはない ルララルラルララルラ 二人分の泣き声遠く・・・・・・ ドアを挟んで背中合わせしゃっくり混じりの泣き声 膝を抱えて背中合わせすっかり疲れた泣き声 今でもしっかり俺を笑わせるつもりかラフ・メイカー 「それだけが生き甲斐なんだ笑わせないと帰れない」 今ではアンタを部屋に入れてもいいと思えたが 困った事にドアが開かない溜まった涙の水圧だ そっちでドアを押してくれ鍵なら既に開けたから ウンとかスンとか言ってくれ どうした?おい、まさか ラフ・メイカー?冗談じゃない!今更俺一人置いて 構わず消えやがった信じた瞬間裏切った ラフ・メイカー?冗談じゃない!逆側の窓の割れる音 鉄パイプ持って泣き顔で「アンタに笑顔を持って来た」 ルララルラルララルラ 小さな鏡を取り出して俺に突きつけてこう言った 「アンタの泣き顔笑えるぞ」 呆れたがなるほど笑えた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る