歌詞 ray BUMP OF CHICKEN

作詞
Motoo Fujiwara
作曲
Motoo Fujiwara
お別れしたのはもっと前の事だったような 悲しい光は封じ込めて踵すり減らしたんだ 君といた時は見えた今は見えなくなった 透明な彗星をぼんやりと でもそれだけ探している しょっちゅう唄を歌ったよその時だけのメロディーを 寂しくなんかなかったよちゃんと寂しくなれたから いつまでどこまでなんて正常か異常かなんて 考える暇も無い程歩くのは大変だ 楽しい方がずっといいよごまかして笑っていくよ 大丈夫だあの痛みは忘れたって消えやしない 理想で作った道を現実が塗り替えていくよ 思い出はその軌跡の上で 輝きになって残っている お別れしたのは何で何のためだったんだろうな 悲しい光が僕の影を 前に長く伸ばしている 時々熱が出るよ時間がある時眠るよ 夢だと解るその中で君と会ってからまた行こう 晴天とはほど遠い終わらない暗闇にも 星を思い浮かべたならすぐ銀河の中だ あまり泣かなくなっても靴を新しくしても 大丈夫だあの痛みは忘れたって消えやしない 伝えたかった事がきっとあったんだろうな 恐らくありきたりなんだろうけどこんなにも お別れした事は出会った事と繋がっている あの透明な彗星は透明だから無くならない ○×△どれかなんて皆と比べてどうかなんて 確かめる間も無い程生きるのは最高だ あまり泣かなくなってもごまかして笑っていくよ 大丈夫だあの痛みは忘れたって消えやしない 大丈夫だこの光の始まりには君がいる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る