歌詞 車輪の唄 BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
錆び付いた車輪悲鳴を上げ 僕等の体を運んでいく明け方の駅へと ペダルを漕ぐ僕の背中 寄りかかる君から伝わるもの確かな温もり 線路沿いの上り坂で 「もうちょっと、あと少し」後ろから楽しそうな声 町はとても静か過ぎて 「世界中に二人だけみたいだね」と小さくこぼした 同時に言葉を失くした坂を上りきった時 迎えてくれた朝焼けがあまりに綺麗過ぎて 笑っただろうあの時僕の後ろ側で 振り返る事が出来なかった僕は泣いてたから 券売機で一番端の 一番高い切符が行く町を僕はよく知らない その中でも一番安い 入場券をすぐに使うのに大事にしまった おととい買った大きな鞄 改札に引っ掛けて通れずに君は僕を見た 目は合わせないで頷いて 頑なに引っ掛かる鞄の紐を僕の手が外した 響くベルが最後を告げる君だけのドアが開く 何万歩より距離のある一歩踏み出して君は言う 「約束だよ必ずいつの日かまた会おう」 応えられず俯いたまま僕は手を振ったよ 間違いじゃないあの時君は・・・ 線路沿いの下り坂を風よりも早く飛ばしていく君に追いつけと 錆び付いた車輪悲鳴を上げ精一杯電車と並ぶけれど ゆっくり離されてく 泣いてただろうあの時ドアの向こう側で 顔見なくてもわかってたよ声が震えてたから 約束だよ必ずいつの日かまた会おう 離れていく君に見えるように大きく手を振ったよ 町は賑わいだしたけれど 世界中に一人だけみたいだなぁと小さくこぼした 錆び付いた車輪悲鳴を上げ 残された僕を運んでいく 微かな温もり
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る