歌詞 シアワセ Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った どんな夢見てるの?気になる… 出来ればあたしが出てきたらいいのに 隣で手を繋いだあなたの左手少し汗をかいてた だけど 同じくらいあたしの右手暖かかった 見上げたら喉が愛しかったので 甘いキャンディーの事も忘れて 小さいあたしの唯一の特権 思わずキスをしたの 二人周り流れるストーリー 生きてく為に泣くこともある それがあたしを強くするならば これも一番の幸せなんです 二人何処かで廻るストーリー 生涯離れてしまっても あなたの一歩になるならば 幸せに思える日が来るのです いつから知っていたの?あたしの強い所 弱い所 黙って見ててくれた あなたと同じ青空に出よう 愛し愛されて過ぎる大切な時 そして香った あなたの呼吸の唄に走る小さな星に涙が出た あたしのこの言葉が唇をまたいでいった後 意味を持ったままあなたの胸に残ってます様に この指で弾いた息と気持ちを重ね あなたに飛ばすの響いて 新しい明日に繋がる想い「今日も大好きでした」 二人周り流れるストーリー あなたがここに居てくれるなら 後悔せずに前を向いたまま 立ち止まる事も怖くないのです 二人何処かで廻るストーリー 静かに終わりが来たとしても 最後にあなたが浮かんだら それが幸せに思える日なのです 隣で眠ってるあなたの口が開く そして笑った これが幸せ 今の幸せ ついて行くわ 眠ろう
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る