歌詞 花火 Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
眠りにつくかつかないか シーツの中の瞬間はいつも あなたの事考えてて 夢は夢で目が覚めればひどく悲しいものです 花火は今日もあがらない 胸ん中で何度も誓ってきた言葉がうわっと飛んでく 『1mmだって忘れない』と・・・ もやがかかった影のある形ないものに全て あずけることは出来ない 三角の目をした羽ある天使が 恋のしらせを聞いて 右腕に止まって目くばせをして 『疲れてるんならやめれば?』 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして こんなに好きなんです 仕方ないんです 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして 涙を落として火を消した そろったつま先 くずれた砂山 かじったリンゴの跡に 残るものは思い出のかけら 少しつめたい風が足もとを通る頃は 笑い声たくさんあげたい 三角の耳した羽ある天使は 恋のため息聞いて 目を丸くしたあたしを指さし 『一度や二度は転んでみれば』 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして たしかに好きなんです もどれないんです 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして 最後の残り火に手をふった 赤や緑の菊の花びら 指さして思う事は ただ1つだけ そう1つだけど 『疲れてるんならやめれば・・・』 花火は消えない 涙も枯れない 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして こんなに好きなんです しかたないんです 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして 涙を落として 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして たしかに好きなんです もどれないんです 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして 最後の残り火に手をふった 夏の星座にぶらさがって
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る