歌詞 宝石になった日 BUMP OF CHICKEN

作詞
Motoo Fujiwara
作曲
Motoo Fujiwara
夕立が屋根を叩いた唄窓の外で世界を洗った 掌にはなんにもないただなんとなく眺めて何分 君は夜の空を切り裂いて僕を照らし出した稲妻 あまりにも強く輝き瞬きの中に消えていった あとどれくらいしたら普通に戻るんだろう 時計の音に運ばれていく あの温もりが何度も聴いた声が 君がいた事が宝石になった日 忘れたように笑っていても 涙越えてもずっと夢に見る 太陽は何も知らない顔完璧な朝を連れてくる 丸めた背中で隠して冴えない顔余計なお世話 出来る事はあんまりないけど全くないわけでもないから 全自動で続く日常をなんとなくでも止めないよ 出来るだけ先の未来まで見届けるよ 出来るだけ先に運んでいくよ こんなに寂しいから大丈夫だと思う 時間に負けない寂しさがあるから 振り返らないから見ていてほしい 強くはないけど弱くもないから 瞬きの中消えた稲妻雨が流した君の足跡 瞬きの中掌の下言葉の隙間残る君の足跡 増えていく君の知らない世界増えていく君を知らない世界 君の知っている僕は会いたいよ ひとりじゃないとか思えない日もある やっぱり大きな寂しさがあるから 応えがなくても名前を呼ぶよ 空気を撫でたよ君の形に あの温もりが何度も聴いた声が 君がいた事が宝石になった日 忘れないから笑っていける 涙越えてもずっと君といる 君がいた事が宝石になった日
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る