歌詞 ゼロ BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
迷子の足音消えた代わりに祈りの唄を そこで炎になるのだろう続く者の灯火に 瞳の色は夜の色透明な空と同じ黒 確かさに置いていかれて探して見つめすぎたから 配られた地図がとても正しくどこかへ体を運んでいく 速すぎる世界ではぐれないように 聞かせてただひとつの その名前を 終わりまであなたといたい それ以外確かな思いが無い ここでしか息が出来ない 何と引き換えても守り抜かなきゃ 架かる虹の麓にいこう いつかきっと他に誰もいない場所へ 心に翼をあげてどこへでも逃げろと言った 心は涙を拭いてどこにも逃げないでと言った 命まで届く正義の雨飛べない生き物泥濘の上 一本道の途中で見つけた自由だ 離さないでどこまでも 連れていくよ 怖かったら叫んで欲しい すぐ隣にいるんだと知らせて欲しい 震えた体で抱き合って 一人じゃないんだと教えて欲しい あの日のように笑えなくていいだってずっと その体で生きてきたんでしょう 約束はしないままでいたいよその瞬間に最後が訪れるようで ここだよって教わった名前何度でも呼ぶよ 最後が来ないように 広すぎる世界で選んでくれた 聞かせてただひとつの その名前を 終わりまであなたといたい それ以外確かな思いが無い ここでしか息が出来ない 何と引き換えても守り抜かなきゃ 怖かったら叫んで欲しい すぐ隣にいたんだと知らせて欲しい 終わりまであなたといたい もうそれ以外確かな思いが無い 架かる虹の麓にいこう ずっと一緒離れないで あの日のように笑えなくていい いつかきっと他に誰もいない場所へ いない場所へ・・・ 迷子の足音消えた 代わりに祈りの唄を そこで炎になるのだろう 続く者の灯火に 七色の灯火に
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る