歌詞 プラネタリウム BUMP OF CHICKEN

作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
四畳半を拡げたくて閃いてからは速かった 次の日には出来上がった手作りプラネタリウム 科学の本に書いてあった作り方の他にアレンジ 実在しない穴を開けて恥ずかしい名前付けた 消えそうなくらい輝いてて 触れようと手を伸ばしてみた 一番眩しいあの星の名前は 僕しか知らない 天井も壁も無くなって代わりに宇宙を敷き詰めて 窓は一度も開けないままで全てを手に入れた 四畳半の片隅にはここにしか無い星がある 傷付かず傷付けないままで君をついに閉じ込めた 近付いた分遠ざけてて 触れる事は諦めてた 背伸びしたら驚く程容易く 触れてしまった やめとけば良かった 当たり前だけど本当に届いてしまった この星は君じゃない僕の夢 本当に届く訳無い光 でも消えてくれない光 四畳半の窓を開けて見上げれば現実が巡る 実在しない星を探す心がプラネタリウム 消えそうなくらい輝いてて消えてくれなくて 泣きそうなくらい近付いてて届かなくて 見えなくても輝いてて 触れようと君の名前を呼ぶ 一番眩しいあの星の涙は 僕しか知らない 消えそうなくらい輝いてて 触れようと手を伸ばしてみた 一番眩しいあの星の名前は 僕しか知らない いつだって見付けるよ君の場所は 僕しか知らない 僕しか見えない
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る