歌詞 蒼い日 Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
改札口抜け 週末の人混み離れたあと並んで歩いた だけどここからは別々で あたしはいつものとこで一度だけ振り返る 電車が陸橋を渡るその時 願い事をする 幸せな瞬間も 悲しみの蒼い日も また思い出すな 聞こえない 見えない 知らないふりをただしていたね 一番星はずっと前に気付いてた そしてあたしたちだけを見ていた いつかあたしに教えてほしい あの日何を願ったのか 低い低い空の雲に風が吹き 濃紺と重なり絵を描く あなたのその目の輝きも あたしの夢も それぞれある道のりも 遠回り つきあたり 迷い 下を向き涙こぼれても 必ずいつかまた逢える 必ずいつか重なる 少し離れるね 元気でいようね 抱きしめてくれた熱い首に 流れる優しいしるし本当の言葉を 2人だけの秘密を 楽しい時を いつかあたしも あなたに話すね あの日何を言いたかったか また思い出すな 聞こえない 見えない 知らないふりをただしていたね 一番星はずっと前に気付いてた そしてあたしたちだけを見ていた いつかあたしに教えてほしい あの日何を願ったのか あの日何を
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る