歌詞 4月の雨 Aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO
遠くまで届いているだろうか 時々不安になるけれど あの日 めくったページの先には あふれる程書き殴った想い こぼれそうな涙の奥の潜む意味に気が付けなかった 何年も何年も前の遠い昔が 今でも昨日の事のよう 4月の雨 ゆっくり肌を濡らす知らせ あなたもどこかで同じ時を生きている 二人だけで決めた約束に 永遠の秘密を交わした あの日から繰り返し必ず 窓の外はもう朝が来ている 空の色に負けぬようにと あなたが描く夢が好きだった ため息は音になり耳に心に刺さる 今でも昨日のことのよう 瞳は雨 上がれば笑顔に会える 知らせ 風が袖を抜けあたしを明日へ導く きっとあなたは きっとあなたは あなたを超える日が来る そんなあなたを そんなあなたを 今でも想っています 4月の雨 ゆっくり肌を濡らす知らせ あなたもどこかで同じ時を生きている 季節は巡るひと粒赤い実を落として あなたを待ってる 変わらずにこれからも 季節はまた来る あなたにもあたしにも
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る