歌詞 熱帯夜 SHISHAMO

作詞
宮崎朝子
作曲
宮崎朝子
じっとりとぬるい湿った空気 風が吹いても変わらない私の体温 いつだって君に触りたい こんな暑い夜はとくに もうこんな時間なのか 明日も早いよな 君は私に会いたくないかな もうバイト終わったかな 電話してもいいかな 2度くらい上がる呼び出し中 「会いたい、いますぐ。」そう言った私を 「わがままばかり」と叱って今すぐここに来て じっとりとぬるい湿った空気 バイクに乗ってあの子のうちまで いつだって君に触り たい こんな暑い夜はとくに 「会いたい、いま すぐ。」そう言ったあの子に 言わなきゃ 今すぐ同じ気持ちだと だからほら、今行くから 呆れないで飽きないでね この季節がすぎて 日焼けのあとが消えたら なんだか一緒にはいられなくなりそうで この季節が過ぎたら あの熱帯夜の風に あたりながら空見上げながら 君に電話できないなあ 「会いたい、いますぐ。」そう言ったらいつでも まっすぐ来てくれる 君が当たり前になりそうで 怖いの、私を叱っていま すぐ 会いに来て
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る