歌詞 SAKURA いきものがかり

作詞
水野良樹
作曲
水野良樹
さくらひらひら舞い降りて落ちて揺れる想いのたけを抱きしめた 君と春に願いしあの夢は 今も見えているよ さくら舞い散る 電車から見えたのは いつかのおもかげ ふたりで通った春の大橋 卒業のときが来て 君は故郷を出た 色づく川辺に あの日を探すの それぞれの道を選び ふたりは春を終えた 咲き誇る明日は あたしを焦らせて 小田急線の窓に 今年もさくらが映る 君の声が この胸に 聞こえてくるよ さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる 想いのたけを 抱きしめた 君と春に 願いし あの夢は 今も見えているよ さくら舞い散る 書きかけた 手紙には 「元気でいるよ」と 小さな嘘は 見透かされるね めぐりゆく この街も 春を受け入れて 今年もあの花が つぼみをひらく 君がいない日々を超えて あたしも大人になっていく こうやって全て忘れていくのかな 「本当に好きだったんだ」さくらに手を伸ばす この想いが 今春に つつまれていくよ さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる 想いのたけを 抱き寄せた 君が くれし 強き あの言葉は 今も 胸に残る さくら舞いゆく さくらひらひら舞い降りて落ちて 揺れる想いのたけを抱きしめた 遠き 春に 夢見し あの日々は 空に消えていくよ さくら ひらひら 舞い降りて落ちて春のその向こうへと歩き出す 君と春に誓いし この夢を 強く 胸に抱いて さくら舞い散る
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る