歌詞 うたかた花火 supercell

作詞
ryo
作曲
ryo
あふれる人で にぎわう8月末のお祭り 浴衣を着て 下駄も履いて からん ころん 音をたてる ふいにあがった 花火を二人で見上げた時 夢中で見てる君の顔を そっと盗み見たの 君の事嫌いに なれたらいいのに 今日みたいな日にはきっと また思い出してしまうよ こんな気持ち 知らなきゃよかった もう二度と 会えることもないのに 会いたい 会いたいんだ 今でも想う 君がいた あの夏の日を 少し疲れて二人 道端に腰掛けたら 遠く聞こえるお囃子の音 ひゅるりら 鳴り響く 夜空に咲いた 大きな 大きな 錦冠 もう少しで夏が終わる ふっと切なくなる 逆さまのハートが 打ちあがってた あははって笑いあって 好きだよって キスをした もう忘れよう 君のこと全部 こんなにも悲しくて どうして 出会ってしまったんだろう 目を閉じれば 今も君が そこにいるようで 甘い吐息 微熱を帯びる 私は君に恋した その声に その瞳に 気づけば時は過ぎ去ってくのに まだ君の面影を探して 一人きりで 見上げる花火に 心がちくりとした もうすぐ次の季節が やって来るよ 君と見てた うたかた花火 今でも想う あの夏の日を
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る