歌詞 フィクサー ぬゆり

作詞
ぬゆり
作曲
ぬゆり
今日までの記憶の全部を 消してしまう時まで眠れない あしたから生きていく自分の身代わりが欲しくて堪らない 大丈夫と言わせて 後から君のせいにさせてはくれないか 今更意味ないから後から君のせいにさせてはくれないか 出来ない約束を とうとうと溢れる一言一言ばかりに脳を奪われるくらい 意味を成せない 何も出来ない 見えない 逃げたい 飛びたい やめたい 逸らせない だから 沈め 沈め 這い上がれないほどまで 飽きるまで 落とせ 落とせ 救い垂らす時まで 嘘味の粒々を 喉から締め出した悲鳴ごと噛み砕く 笑顔が下手なばっかで 知ったような口ぶりに沿ってやり過ごす なりたくなかった 今日役立つ眠たい眠たい理想で 救われることを待つ 一番目は「い」の口で言う 力強く固く痛く噛み締めて 死んでしまえ しまえ この先も過去も知らず 嫌いなら 壊せ 壊せ どうせなら加害者になればいい 食べきれない苛立ちも 何も生まない悲しみも 味気なくて吐き出す前に もう もう次を歌え どうせなら 踊り踊れ 灰色になり切る前に 打ち鳴らせ 変われ 変われ 眠り落ちる時まで どうせなら 奪え 奪え 飼い慣らした嘘暴いて 煮え滾る頭に過ぎった 虚像を見ていた 自分を見ていた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る