歌詞 ペテン師が笑う頃に 梨本うい

作詞
梨本うい
作曲
梨本うい
愛されていたのは 君じゃなくて 僕自身さ 声の聞こえる方へ ひざまずいて 空を拝む 紅 錆びた色 死にたがりのピエロは 化粧もせず マヌケ面 夜更かしも程々に 朝が来るよ 逃げなくちゃ 何処へ 騙され上手は床上手 他人の不幸は蜜の味 アバズレ貴婦人 まる裸 渡る世間は バカばかリ ペテン師が笑う頃に 安い不幸自慢で お涙ちょーだい ペテン師が笑う頃に わめくキチガイ善人 ピュアな人害 都会に咲く花のように なんて気付かなければ 無意味な存在 明後日の今頃には その醜い身体を 忘れてしまいたいの ブラウン管越しの死体に 興味ないの リアルじゃない そんなに怖いのなら 念仏でも 唱えなさい 南無阿弥陀仏 幸せを運ぶ 青い鳥 羽がもげれば ただのゴミ 騙されるアホに 騙すアホ 同じアホなら 笑いましょ ペテン師が笑う頃に 薄っぺらいプライド 語ってちょーだい ペテン師が笑う頃に がなる 自称教祖様 酷い醜態 ありきたりなラブソング なんて 退屈過ぎて 聴きたくないわ 愛のカタチ 捜すよりも 先にするべきこと 何なのか知ってるでしょ 夢から醒めた 羊たちは 眠ることもできず 廻る 廻る 何時まで 何処まで 迷子なら さぁおいで もっと愛せ 強くしゃぶれ 骨の髄まで ペテン師が笑う頃に 安い不幸自慢で お涙ちょーだい ペテン師が笑う頃に わめくキチガイ善人 ピュアな人害 都会に咲く花のように なんて五分もすれば 忘れる存在 明後日の今頃には その醜い身体を 忘れてしまいたい 敬意ある君に この言葉贈るわ 死ね。
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る