歌詞 狂おしいほど僕には美しい majiko

作詞
Hiro-a-key
作曲
Michael Kaneko
どこにでもある 偽りの色彩 もう染み付き過ぎて いつまでも 抜けない どうしようもなく いびつな存在 狂ってるほど 僕には美しい 愛しいモノほど 壊したくなる 醜いほどに 守りたくなる 一人でもいい 思い続けた 変わり始めた 月明かりの夜 誰かを好きになるなんて 馬鹿らし過ぎて 終わってる 裏切られるんだ どうせ 僕は このまま もうたくさんなんだ いつか見た 希望(ヒカリ) 追いかけてみて 慈しむんでしょう もう歌えないと 言い出せない 怒り 狂おしいほど 僕には 愛おしい 叶えられずに 散らかった夢 拾い集めて もう一度歩く Just trying to put on a smile, all of them could be fake ややこしい人間 それでもいい 目を覚ましても 動けずに 起き上がるんだ 今すぐに 裏切ってやるんだ そうさ 僕は このまま もうたくさんなんだ いつか見た 希望(ヒカリ) 追いかけてみても 行き先は見えない 嫉妬や痛みと いい距離でいたい 苦しいけど 僕にはちょうどいい 何かが破れて 放たれた彼方へ 残されたものも 自分の歌を歌え どこにいてもいつかは終わるんだって 月明かり差し込む 闇の色 どこにでもある 偽りの色彩 もう染み付き過ぎて いつまでも 抜けない どうしようもなく いびつな存在 狂おしいほど 僕には美しい
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る