歌詞 悲しいね 渡辺美里

作詞
misato watanabe
作曲
TETSUYA KOMURO
下りの電車 明日まではまた逢えない まつ毛の先そっと 街の灯がともるよ やさしく息がかかるくらい近くにいて せつない程 君を遠く感じている 君に泣き顔みせないように 後ろ向きで手をふるのは何故 流れてはすぎる風景に 答があふれだす 幼い頃は サンタクロース待っていたよ 凍るような夜は 君の声待ってる 人ごみの中まぎれてると 夢さえ手ばなしたくなるのは何故 強くて清らかな生活に 少しつかれたよう 一番の勇気はいつの日も 自分らしく素直に生きること 白い雪 目の中におちてくる 君以外 見えなくなる 悲しいね さよならはいつだって やさしさを失った海の色 悲しいね 悲しいね 悲しいね 愛することためらうなんて 国道沿いの街路樹へと 風がゆれる かじかむ手のひらに 冬が近づいてる 人のこころのあたたかさに 情けない程 ふれたいのは何故 踏切の音にわけもなく 涙があふれだす 一番の勇気はいつの日も 自分らしく素直に生きること 白い雪 目の中におちてくる 君以外 見えなくなる 悲しいね ひとりきりいつだって むじゃきさを失った遠い空 悲しいね 悲しいね 悲しいね 争うばかりじゃ悲しいね 悲しいね さよならはいつだって 悲しいね ひとりきりいつだって
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る