歌詞 小夜子 みきとP

作詞
みきとP
作曲
みきとP
冷蔵庫の中には何にも無い 只あるのはお茶とお薬 一錠ごとに胸がふわふわ 不安が満ちてく iphone 撫でるその指先も べたべたと粘る髪の毛も 何一つ綺麗なもんなんて 有る筈(はず)も無いな 死にたくて死にたくてそっと 間違って傷をつけた手首は いつしか茶色く汚れてる 締め切ったボクの瞼 カーテンの隙間に朝が来ても気付く筈無い 友達のエリもタカユキも 本当のトコ他人(ひと)のコトなど 気にしてる暇も無いくらい 忙(いそが)しそうだしな それにしても何この笑窪(えくぼ) ありがちな家族と人生 何一つ誇れるもんなんて 有る筈も無いな 眠たくて眠たくてずっと このまんま痺れるほど眠ったら 起きてリンゴ齧って眠る 無意識装ってゆらり べランダに登って風が吹いても 飛べる筈(はず)無い あんなに好きなお笑いも 人生変えた音楽でさえ 何故に僕の事を否定するの 死にたくて死にたくてそっと 間違って傷をつけた手首は いつしか茶色く汚れてる 締め切ったボクの瞼 カーテンの隙間に朝が来てもキヅカナイヨ そんな日がそんな日がずっと 続くんやって嘆いても 何かが癒えるわけじゃ無い 癒える筈無い キエテシマオウ うん、消えてしまおう
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る