歌詞 メリュー ナブナ feat.初音ミク

作詞
ナブナ
作曲
ナブナ
夕陽が落ちる様に 胸が染まるので 耳鳴りのような鼓動を隠して バスに乗った 僕は言う 君は灰になって征(い)く たとえばこんな言葉さえ失う言葉が僕に言えたら 灯籠の咲く星の海に 心臓を投げたのだ もう 声も出ないそれは僕じゃ どうしようもなかったのだ 悲しくもないし 苦しくもないのに 辛いと思うだけ 辛いと思うだけ 古びたバス停の端 傘を持った僕がいる 今でさえ埃を被った夜空の隅に足はつくのに 心臓が痛いから 死んだふりの 毎日を見なよ もういっそ死のうと思えたなら 僕はこうじゃなかったのだ どうせ死ぬくせに 辛いなんておかしいじゃないか どうせ死ぬくせに 辛いなんて(ah) (ah) だから 愛さえないこんな世界の色に 僕の唄を混ぜて もう どうかしたいと思うくせに 僕はどうもしないままで あぁあ 灯籠の咲く星の海に 心臓を投げたのだ もう 声も出ないから 死んだふりなんてどうもなかったのに 僕もきっとこうで良かったのに 君がずっと遠く笑ったのだ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る