歌詞 コブクロ

作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
名もない花には名前をつけましょう この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声でまた起きあがれるように 土の中で眠る命のかたまり アスファルト押しのけて 会うたびにいつも会えない 時のさみしさ わけあう2人 太陽と月のようで・・・ 実のならない花も つぼみのまま散る花も あなたと誰かのこれからを 春の風をあびて見てる 桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは いつまでも変わる事のない 無くさないで 君の中に 咲く Love・・・ 街の中見かけた君は淋しげに 人ごみにまぎれてた あの頃の澄んだ瞳の奥の輝き 時の早さに汚されてしまわぬように 何も話さないで 言葉にならないはずさ 流した涙は雨となり 僕の心の傷いやす 人はみな心の岸辺に 手放したくない花がある それはたくましい花じゃなく はかなくゆれる一輪花 花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる 嵐ふく風に打たれても やまない雨はないはずと 桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ 涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった 追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは いつまでも変わる事のない 君の中に 僕の中に 咲く Love・・・ 名もない花には名前をつけましょう この世に一つしかない 冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声で また起きあがれるように
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る