歌詞 罪と罰 椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
頬を刺す 朝の山手通り 煙草の空き箱を捨てる 今日もまた足の踏み場は無い 小部屋が孤独を甘やかす 「不穏な悲鳴を愛さないで 未来等見ないで 確信出来る現在だけ重ねて あたしの名前をちゃんと呼んで 身体を触って 必要なのは是だけ認めて」 愛している-独り泣き喚いて 夜道を弄れど虚しい 改札の安蛍光灯は 貴方の影すら落とさない 歪んだ無常の遠き日もセヴンスターの香り 味わう如く季節を呼び起こす あたしが望んだこと自体 矛盾を優に越えて 一番愛しい貴方の声迄 掠れさせて居たのだろう 静寂を破るドイツ車とパトカー サイレン 爆音 現実界 或る浮遊 「不穏な悲鳴を愛さないで 未来等見ないで 確信出来る現在だけ重ねて あたしの名前をちゃんと呼んで 身体を触って 必要なのは是だけ認めて」 「不穏な悲鳴を愛さないで 確信出来る現在だけ重ねて あたしの名前をちゃんと呼んで 身体を触って 必要なのは是だけ認めて」 頬を刺す 朝の山手通り 煙草の空き箱を捨てる 今日もまた足の踏み場は無い 小部屋が孤独を甘やかす
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る