歌詞 時の足音 コブクロ

作詞
小渕健太郎・黒田俊介
作曲
小渕健太郎・黒田俊介
別れの季節に揺れる 儚き 一輪花 同じ温もりの風を 誰もが探して歩いてる 出逢いは 空に流れる おぼろ雲の下で 重なり合う 時計の針のように ゆっくりと ゆっくりと 回り始める 短い針が君なら 長い針が僕で 同じ時間を刻みながら 何度もすれ違いまた出逢い 歩く歩幅は違っても 描く未来が同じなら 大丈夫また 同じ場所から 始められるから 「頑張ったけど、だめだったね。」 「負けちゃったけど、かっこ良かったね。」 色んな種をもらった 言葉が 心に 水をやる 短い春に咲く夢 長い冬を越えて 心の奥に集めた種は どんな光で育つのだろう? 歩道の影に咲く花 誰の為にあるのだろう? 「誰の為でも ないよ。」と輝く 君に照らされてる 想いが言葉に変わるよ 言葉が光を呼んでる 光がほら影を作る 影で人は強くなれる 強さが優しさに変わる 優しさが出逢いを呼んでる 出逢いが道を創る この道にまた 想いを刻む 短い針が止まれば 長い針も止まる 同じ痛みを分け合える事 いつしか喜びに変わるから 誰もが一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり 巻き戻せない時を 躊躇わず 生きてゆける そんな出逢いを 探してる 一人 一つ 一瞬 一秒 一度きり 出会えて 良かった
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る