歌詞 赤いマフラー 井上苑子

作詞
井上苑子・柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
肌を刺すような風吹く朝 冷えきったあたしの右手で 信号待ちで追いついた 君の左の頬 つねってみたり 何故か照れたように巻いていた 暖かそうな赤いマフラー 似合ってるよって言って 引っ張ってみたり そんな毎日が続くと思ってた あの子が君を好きになって 君もあの子に惹かれて 「良かったね」って冷やかして 気付いたの 冗談を言って 笑っていないと 泣いちゃいそうなあたしの気持ちに ずっと隣にいたのに ヘタクソな笑顔に 君は気付いてくれないの でもこの気持ちを君に伝えたとき 今の関係さえも壊れそうで 夜中のメールや 遠くでも目があうたび あたし期待しちゃってたんだよ でも明日からは 手袋を付けて行こう 君の頬はもうあの子のもの 言わなくちゃ 言ってあげなくちゃ 「大事にしてあげてね」 「綺麗だったよ」って光る街の中 白い吐息と笑顔の君 ピースの先にはあの子がいるんでしょう? そんなメールは送らないでよ 「似合ってるよ」って言った赤いマフラーも あの子が選んでたんだね 隣にいたから 君の視線の先に あたし気付いちゃったんだよ でもこの気持ちを君に伝える前に 「頑張れ」だなんて言ってしまったの ずっと隣にいたのに ヘタクソな笑顔に 君は気付いてくれないの でもこの気持ちを君に伝えたとき 今の関係さえも壊れてしまうから せめて一番の支えであること あたし期待してもいいかな 明日からは 手袋を付けて行こう 君の頬はもうあの子のもの 言わなくちゃ 言ってあげなくちゃ 「大事にしてあげてね」 肌を刺すような風吹く季節で良かった 切ない気持ちがよく似合う季節で良かったな 去年より少し早く雪が降らないかな 桜の季節までに この気持ちもちゃんと溶かすから
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る