歌詞 Soup 藤原さくら

作詞
福山雅治
作曲
福山雅治
年を取っても皴になっても一緒にいて 恋のSoupを ふたりで味わいつくしましょう ねぇ あなたとわたし それぞれの当たり前を ねぇ 恋という名のひとつのお鍋に詰め込んで煮込んだら どうなるの? 甘さだったり苦さだったり 時間をかけて味になってく 複雑で摩訶不思議です でもそれがまた癖になっちゃう もう止まらない 恋のSoupを 辛抱強くじっくり煮込みましょう バラバラの好き嫌い 別々の趣味嗜好を 人生という名の一艘の小舟に積み込んで旅立つ その海は 波が立ったり雨が降ったり晴れ渡ったり嵐だったり それこそが『生活』ですよね 腹が立ったり喧嘩だったり 正直言えば たまに嫌いに なったりとかしてます ごめんなさい… でも手間暇かかったそれだけ 美味しくなるのかも 恋も人生も ほんのちょっとの嫉妬だったり ほんのちょっとの秘密だったり 逆にそれもふたりのスパイス 年を取っても皴になっても一緒にいて 恋のSoupを ふたりで味わいつくしましょう では本日のSoupを
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る