歌詞 南風 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
騒ぎ立てる鳥の群れ 傾いた秒針追って 南風はどこだろう?君は探す 戸惑いなく晴れる空 光咲く水辺は花 ボケットに手を突っ込んで君と歩く ガラスの国に迷い込んだ僕の心は見透かされる 君をもっと 愛をもっと 欲しいのさ 背中までいっぱいで眠くなるような 声がもっと聞きたくって近づいた 手のひら合わせたら世界が巡る 木枯らしと枯葉の舞 かさついた両手の先 クリームを擦り込んで君が笑う 時が止まればいいなって真剣に僕は願う 伝えたいと思うけど少し照れるな 鏡の国に迷い込んだ僕は心と向き合うのさ 君をもっと 愛をもっと 欲しいのさ 背中までいっぱいで目が覚めるような 声がもっと聞きたくって近づいた 手のひら合わせたら世界が揺れる 日だまりの中 あくびがふたつ重なって 真似したでしょとふざけたりして 君をもっと 愛をもっと 欲しいのさ 背中までいっぱいで目が覚めるような 声がもっと聞きたくって近づいた 手のひら合わせたら世界が変わる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る