歌詞 モノクロ 戸松 遥

作詞
古屋真
作曲
黒光雄輝
制限時間揺れる想像目指して見えるもっと 絶対無限超えたい想いを確かめるようになぞる どうして感情隠す嘘(一つだけ) 遠くきっと見守ってるの?(届くまで) そっと一歩踏み出す瞬間誓った空向かって 色彩の無い未来を追いかける冷たい太陽抱いてゆこう 限界なんて届かせない何度願い挫けて躓いても 掴みたい光へ通じてる 果てのない世界を歌いゆこう 振り向けない境界線に立ってると気付いたから走るの 問いかけて過ぎた日も純粋だと思えてる 自分次第だから鏡の約束裏切らない 永遠だって霞むような(その先へ) ふっと咲いた言葉がある(彼方まで) どんな声が誘っても沈む今日を進んで どれくらい未来を変えられる? 諦める痛みを知ったから 曖昧だった胸の音が切ないほど鮮やかに響き合う 量れない涙を重ねたら辿り着く場所はきっとある まだ消えない可能性をどんな雨も浴びながら見つめよう 透明で不安定な道は続き正解を探してまた出会って 紡ぎきれない欠片つないで明日へかざすah 色彩の無い未来を追いかける冷たい太陽抱いてゆこう 限界なんて届かせない何度願い挫けて躓いても 掴みたい光へ通じてる 果てのない世界を歌いゆこう 振り向けない境界線に立ってると気付いたから走るの
モノクロ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた