歌詞 祭りのあと 桑田佳祐

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
情けない男で御免よ 愚にもつかない俺だけど 涙をふいて 嗚呼 夜汽車に揺れながら 飾らないお前に惚れたよ いつも泣かせたはずなのに 好きだヨなんてもう言葉に出来ない 恋も 涙も 純情も 生きるためには捨てよう 今日も汚れた人ごみに背中丸めて隠れてる 眠れない街に愛する(ひと)女性がいる お前だけが死ぬほど好きさ 秋風の SHADOW 終わらない夏に誰かとめぐり逢う 夢の中で彷徨(さまよ)いながら涙も枯れ果てた それとなくあの娘(こ)に聞いたよ 誰が大事な男性(ひと)なのか 心の中じゃ 嗚呼 無理だと知りながら フラれてもくじけちゃ駄目だよ こんなしがない世の中で 振り向くたびに もう若くはないさと 野暮でイナたい人生を照れることなく語ろう 悪さしながら男なら粋で優しい馬鹿でいろ 底無しの海に沈めた愛もある 酔い潰れて夜更けに独り 月明かりの WINDOW 悲しみの果てにおぼえた歌もある 胸に残る祭りのあとで花火は燃え尽きた 眠れない街に愛する(ひと)女性がいる お前だけが死ぬほど好きさ 秋風の SHADOW 終わらない夏に誰かとめぐり逢う 夢の中で彷徨(さまよ)いながら涙も枯れ果てた
歌ってみた 弾いてみた