歌詞 モノクロのキス シド

作詞
マオ
作曲
Shinji
出会いに色はなくて モノクロ吹き抜ける 痛みごと 君 委ねましょう 傷跡強くなぞる 容赦ない秋がきて 涼しい指 手招くままに 溶けた後のやっかいな氷みたいな私を 優しくすくって上唇で遊ぶ それでもひとつの愛の形を探す 遠くよりも今を結んだ枯れた瞳は できればこのまま包まれて終わりたい 二人で秘めた淡い肌 月も隠れてる あれから幾らか 夜 好きにもなりました 依存の海 息も忘れて 夢中のその手前で 生温さだけを残して 引き際の美学 得意げなキス嫌う 一人にしないで もう察して彩めて どの言葉も 君の部屋ではすり抜けていくの 乱れて 眠って それ以上を教えて? 笑顔の問いに迷う吐息 月だけが見てる 次の長い針が天井に届く頃には 君はもういない 私はもういらない それでも確かに愛の形を探した 遠くよりも 今を結んだ 濡れた瞳は できればこのまま 包まれて終わりたい その願いは 夜は虚しく 朝を連れてくる 優しくて 熱くて 卑怯なキスで 彩ってよ 最後の夜 月が照らしてる
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る