歌詞 あだぽしゃ いよわ

作詞
いよわ
作曲
いよわ
だらんと垂れ下がっちゃった 栄光の手をご覧 私の有り様 その体が 無様に温まるまで 歩きましょう 水ぶくれの跡が酷く 痒くて堪えるような 爛れた夢の続きを見て 泣いていました 大事にしてた秘密の おまじない ふと唱えたら わけも無く 体が震えて 正気になった 私たちもう一生 分かり合えないと 分かっていたでしょう お互い幸せになりましょうね 文字すら読めぬ猿よ 遺言は短めに たいそうお気楽に 済ませるのが良いわ だらんと垂れ下がっちゃった 栄光の手をご覧 あなたの有り様 目を見て話しましょう お野菜を食べましょう お勉強しましょう それはまるで日の光に翼もがれた イカロスのように 変わることも終わることもなく続く 眠りの箱のように 身に余る寒さと 問いが襲いかかった 交差点に渦巻いている 悪意のような陽炎に 靴を履くのも怖くなって 泣いていました 鉄で出来た処刑台の 床からふと伝わる 温度だけで体が腐り落ちて 気が狂った 私たちもうずっと 互いのこと好きじゃなくていいでしょう 私は幸せになれるのよ ここじゃない所でも 私たちもう一生 分かり合えないと 分かっていたでしょう お互い幸せになりましょうね 忘れてよこの顔も ぐわんと燃え上がっちゃった 栄光の手をご覧 私の有り様 肥大化した自我と 安物ブーツは 脱ぎ捨てましょう 私たちもうきっと 逆向きの電車には 乗れないでしょう 轢き潰してきた その全てに 一言 懺悔と愛を 私たちもう一生 分かり合えなくても 歩いていくんでしょう お互い幸せになりましょうね すれ違いませんように お互い幸せになりましょうね 鐘の音が鳴る
あだぽしゃ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた