神のまにまに

れるりり

作詞
れるりり
作曲
れるりり
思い通りにいかないことだらけ どうしようもなく自己嫌悪 八百万の痛みや悲しみから 逃げ込める場所を探してる いっそ岩の隙間に引きこもって 月も 太陽も 無視して眠ろう 生まれてきたことの意味なんて 知らない 分かんないよ でもそんな風に思えるってこと それは 君がもっともっと素敵になれる力が あるって教えてるんだよ そうさ 神のまにまに 仰せのままに 誰だって地球を愛してる 飲めや 歌えや どんちゃん騒ぎ たまにゃそんなのもいいね そうさ 北も 南も 右も 左も なんだかんだ地球を愛してる 泥んこだけど歩いて行ける まだまだ先は長いさ ただ正しい人でいたいだけ きっと誰もがそう願っているけど 八百万の心の醜さに 苦しめられる毎日さ 僕が生まれてきたこと 奇跡といえば聞こえはいいけど それはきっと偶然にすぎなくて やっぱり意味なんてないさ でもたとえば君にいじわるをするやつが いるならそれは君がとっても素敵な人だって 教えているんだよ そうさ 神のまにまに 仰せのままに 誰だって地球を愛してる 僕が笑って 君も笑えば 許せないことなんてないよ そうさ 男も 女も 恋しかるべき そんなふうに地球は回ってる どろんこだけど歩いていこう まだまだ先は長いさ 本当に大事なものなんて 案外くだらないことの中にあるよ ときにはみんなで馬鹿騒ぎ 裸踊りで大笑い そうさ 神のまにまに 仰せのままに もっと もっと 自分を愛せるよ 鏡を見てご覧よ もう分かるでしょ? みんなを照らす光さ そうさ 神のまにまに みんなありがとう やっぱり地球を愛してる 花を咲かそう 大きな花を 天まで届くくらいの! (Lalala...)
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る