歌詞 残酷な天使のテーゼ 高橋洋子

作詞
及川眠子
作曲
佐藤英敏
残酷な天使のように 少年よ神話になれ 蒼い風がいま胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて微笑んでるあなた そっとふれるものもとめることに夢中で 運命さえまだ知らないいたいけな瞳 だけどいつか気付くでしょうその背中には 遥か未来めざすための羽根があること 残酷な天使のテーゼ窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く少年よ 神話になれ ずっと眠ってる私の愛の揺りかご あなただけが夢の使者に呼ばれる朝がくる 細い首筋を月あかりが映してる 世界中の時を止めて閉じこめたいけど もしもふたりに逢えたことに意味があるなら 私はそう自由を知るためのバイブル 残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたちその夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ少年よ神話になれ 人は愛をつむぎながら歴史をつくる 女神なんてなれないまま私は生きる 残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで思い出を裏切るなら この宇宙(そら)を抱いて輝く少年よ 神話になれ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る