歌詞 HOME 古川本舗

作詞
古川本舗
作曲
古川本舗
見えない夜の境界線を盗んで逃げた影法師 蛍、飛んだ朝を置いて消えた 暫く続く雨空に溜め息で少し逆らって 空っぽの喉を湿らせた 隠れようともせず ぽかり浮かぶ月 夜は終わったんだって どうか思い知らせてくれないか それは無理かなあ 恋をしたんだ この先もずっと 繋いで、繋いで!切れてしまわぬ様に! 髪に触れて 唇でもっと 憎らしい朝が来た 消えない朝の存在感を浸って汚した影法師 蛍飛んだ 僕もそうすべきだ 見えない想いの輪郭線を 余計にかたどる町の灯を恨めしげに睨み どうなった? 僕がいない明日、雨が上がることを 君は知っている 僕がいない明日、雲が晴れることを 君だけが知っている 恋をしたんだ あなたよりもっと 塞いで、塞いで!見えてしまわぬ様に! 髪に触れて その指でもっと さようなら言えなかった 君が手を振る先には後悔もないような明日が 望み一つも叶えられない 情けなく頼りない夢 恋をしたんだ 思うよりもそっと 願って叶った望んだ明日が来た? 指に触れた 舌先でそっと味も無いままで! 恋をしたんだ この先もずっと 繋いで、繋いで!切れてしまわぬ様に! 髪に触れて 唇でもっと 誰もいない今日が来た 見えない夜の境界線を盗んで逃げた影法師 蛍飛んだ朝を置いて消えた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る