歌詞 コンビニ 猿岩石

作詞
高井良斉
作曲
兼元一也
近くのコンビニで 真夜中過ぎに出逢った 洗い髪の君に 僕は恋したのさ 名前さえ知らない 一目惚れなどしちゃって あの日から 僕は Everyday 通ってるよ 雑誌立ち読みしながら 来るのを待ったけど 今夜も1人 肉まんを 食べながら帰るよ そういう恋もいいって なぜか思うのさ 愛しい気持ちが 君に届かなくたって バーコードの音が レジから聞こえるたびに 僕は振り返って 切なくなるんだ 必要ないコピーを 何枚も取ったりして コンビニの中で 偶然を待ってた 僕さ そして ひと月たった頃 突然現れた 君は彼氏と肉まんを 食べながら帰った そういう恋もいいって マジで思うのさ 見送る夜風は 僕にやさしすぎるよね そういう恋もいいって なぜか思うのさ 愛しい気持ちが 君に届かなくたって そういう恋もいいって… そういう恋もいいって… そういう恋もいいって… そういう恋もいいって… そういう恋もいいって…
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る