歌詞 夢のまた夢 まふまふ

作詞
まふまふ
作曲
まふまふ
甘いものほど溶けるそれが恋だっけ? 口寂しいや綿菓子をひとつ買っていこう 若苗の袖空に投げた恋文 あの下駄箱は笑い方のくずかご 空五倍子色 長髪が揺れる薄明手招いて 口数も減る境内 失くしたものばかり数えている 世迷い妄想に 夢のまた夢か見果てぬ夢 みなしごとパパに疎まれた子 闇夜ほど星が綺麗なこと ねえ知ってる? 逆夢のままに踊れ踊れ ボクらがボクらでいられるまで 形振り構わず手を叩け いつの日かこの夢が覚めるまでは 金魚すくいで救えるような命は 誰かすくってくれだなんて思っていた そうだ 誰かの好きな誰かになって 言われるままに大人になって それでもわからないまま どうして涙が止まらないんだろう わすれたもの林檎飴 水に降り立つ月の影 鏡越しに散る花火 触れぬものばかり探している 世迷い妄想に もういいよもういいよ 浮かんでは照らしては 吸い込まれる 惣闇色の夏空 夢のまた夢か見果てぬ夢 こんなゴミのような世界でも ボクは好きでたまらない 踊れ踊れさあ踊れ踊れ 何もかもすべて忘れさせて 形振り構わず手を叩け いつの日かこの夢が覚めるまでは 夢の向こうで夢を探している
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る