歌詞 朝顔 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
楽だねって ラクダを前に笑えねって首捻る 砂だねって 当たり前に砂漠はどこまで続くかな? ごめんねって トカゲ達は雨をギュっと逃がさない アチチチッて 昼になれば卵だって焼ける大地 水が飲みたくなった 飲みたくなって はじめて 大切なもの“ほら”見えた気がする 夜になり 虫メガネが外れたら一息入れながら 砂漠を歩きましょう 月は砂をなじる 一人で歩けるさ 朝顔の種を蒔き 変わんねって どこもかしこも同じよな砂のコブ 焦んなって 地平線に逃げ水が薄ら笑い 水が恋しくなった 恋しくなって はじめて いらないものに“ほら”こんなに縛られてる 心に満たすは単純に水だ たっぷり蓄えて 砂漠を歩きましょう 開いた朝顔の花 一人で見た夢も束ねて大きくなる 砂漠を歩きましょう 枯れてもなお種を蒔き 一人で歩けない時を経て大きくなれ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る