歌詞 壊れかけの Radio 徳永英明

作詞
徳永英明
作曲
徳永英明
何も聞こえない 何も聞かせてくれない 僕の身体が昔より大人になったからなのか ベッドに置いていた初めて買った黒いラジオ いくつものメロディーがいくつもの時代を作った 思春期に少年から大人に変わる 道を捜していた汚れもないままに 飾られた行きばのない押し寄せる人波に 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio いつも聞こえてた いつも聞かせてくれてた 窓ごしに空をみたら かすかな勇気が生まれた ラジオは知っていた 僕の心をノックした 恋に破れそうな胸 やさしい風が手を振った 華やいだ祭りの後 静まる街を背に 星を眺めていた けがれもないままに 遠ざかる故郷の空 帰れない人波に 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio ギターを弾いていた 次のコードも判らずに 迷子になりそうな夢 素敵な歌が導いた 思春期に少年から大人に変わる 道を捜していた汚れもないままに 飾られた行きばのない押し寄せる人波に 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio 華やいだ祭りの後 静まる街を背に 星を眺めていた けがれもないままに 遠ざかる故郷の空 帰れない人波に 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio 遠ざかる溢れた夢 帰れない人波に 本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る