歌詞 東京 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
一体全体 東京の何を知っているのかと聞かれたら 何も知らないって答えるけど 小ちゃい頃の朝の匂い 甘い桃の匂いがしていたら 確か夏だった それが夏だった あれから心の片隅に大小 出会いや別れの部屋をこしらえて 東京 ハローグッバイ ありがとう 心の部屋に愛を注いでくれた人 東京 深夜のスーパーマーケットに並んだ 桃の匂いがした 勝ちたい 勝ちたい 誰に勝って 負けない 負けない 何に負けない Ah 敵は目に見えず忍び寄る Fighting Fighting 愛のため いつも同じ場所に戻って来るけど 空気は違うね 年を取るのが嫌だったあの頃の悩みなんて 小さいって言えるのなら年を取るのも悪くないね 東京 ハローグッバイ あの頃のため息 自分らしく生きていくんだ 故郷の空に昇った入道雲を 今も追いかけているよ 雨の東京 傘をさした人の列がクラゲの様に どこへ行くの? プラリと満ちて引く潮の中を流されてゆく ねえ いつまで輝いていけるの? 東京 ハローグッバイ ありがとう 心の部屋を愛で満たしてくれた人 東京 夜景の数だけ夜空から星を奪って 帰る場所とか 愛の言葉とか 優しさの中に包まれる Ah
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る