歌詞 夢待ちの季節 吉岡亜衣加

作詞
上園彩結音
作曲
三浦誠司
ほら、旗雲が 明日へたなびく 過ぎた日をたたうように 同じまなざしで駆け抜けた絆を包んで 木洩れ陽を編む かそけき葉音 刻を巻き戻してゆく 信念(まこと)の祈りをめぐる 季節に重ねた日々… 春は花の浮橋-彼方照らし、集い、流れ往く 夏はそう蝉時雨-命謳い どこまでも 分け合う歓びが 幸せ増やすから どんな日も越えられた 信じる場所染める 季節の贈り物たち 勇気をいつもありがとう 浅葱の風が 心の水面 爪弾いたあの瞬間(とき)から 熱い志 貫ける寄す処はここだけ 空知らぬ雨 降らせ芽吹いた 夢という枯れない花 変わらぬ誓いで 絆と呼べる実を結んだ… 秋は紅葉の錦-燃ゆる想いを彩づけてゆく 冬はそう雪しずり-それは、希望の足音 こんなになつかしい 想い出のほとりで ずっと揺られていたい いつでもこの空は 故郷(ふるさと)へつながってる 季節の鼓動に抱かれ 分け合う歓びが 幸せ増やすから どんな日も越え られた 信じる場所染める 季節の贈り物たち 勇気をいつもありがとう 分け合う歓びが 優しさ溢れさせ 望む自分になれた 涙もこの決意 こだます雫に変えて 今日からまた、歩きだそう 信じる道を
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る