歌詞 十六夜涙 吉岡亜衣加

作詞
Yumiyo
作曲
谷本貴義
天つ風(あまつかぜ)よ 時の羽(ときのは)さえ この思ひは 十六夜に…   凛としたあなたと同じ 手折(たお)られぬ花 色は匂へど 言の葉(ことのは)も届かないまま 憂ふ(うれう)枝から消えた   あなたの空を飛ぶ、てふ(ちょう)になれぬのなら その哀しみ 苦しみを 食らい尽す鬼でもかまわない   天つ風よ 時の羽さえ この思ひを 舞い散らせと 夢よ刹那 この心は 蛹(さなぎ)のまま 輪廻の果て 霞む空 十六夜涙(いざよいなみだ)   芽を息吹く(いぶく)あなたのような 業(ごう)の花 色は匂へど 舞い戻る この言霊(ことだま) 違う(たがう)姿でもよいと…   愛しい空を舞う てふ(ちょう)になれぬのなら 狂おしい 世(夜)に咲いた あなたを壊す鬼でもかまわない   天つ風よ この羽頼りに この思ひを 届けたくて 時よ刹那 叶う逢瀬は 春の余韻 輪廻の果て  仰ぐ天(そら) 十六夜月夜(いざよいつきよ)   天つ風よ 時の羽さえ この思ひを 舞い散らせと 夢よ刹那 この心は 蛹(さなぎ)のまま 輪廻の果て 霞む空 十六夜涙(いざよいなみだ) 天つ風よ この羽頼りに この思ひを 届けたくて 時よ刹那 叶う逢瀬は 春の余韻 輪廻の果て  仰ぐ天(そら) 十六夜月夜(いざよいつきよ)
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る